Members

私たち

Kyohei
Horishita

代表取締役
2014年12月25日設立

1990年9月生まれ
熊本県熊本市出身
好きなもの:
エビと餃子とコーヒー

生き方はもっと自由だと伝えたい

ー 会社設立から、現在の体制となるまでの経緯

2014年、学生ながら行政計画策定コンサルとして開業していました。そこで出会った知見と経験のあるメンバー3人で、人と人、人とまち、まちと仕事との関係を見つめなおし「地域のことを愛せる人を育てたい」という想いから創業しました。僕の出身である熊本や当時の拠点である京都も考えましたが、つくば市に根を下ろそうと決めました。
2019年の小泉入社まで創業メンバーは全員複業で、会社は僕1人で運営していました。コワーキングスペースであるLabの中で、チームで何かに取り組む楽しさを実感したのが大きな契機となり、創業から7年目、再チャレンジでようやく会社になった、という気持ちでいます。

ー 5人体制となることで目指すことはありますか?

これまで、自分1人でなんでもやってしまっていたんですが、それよりもチームで取り組む方がさまざまな事業でも長くかつ深く、丁寧に関わっていける。加えて、それぞれのスキルがあるので、想像していないものが来るんですよ(笑)。
目指すところは「みんな自由であれ」、ということ。僕自身、自由が好きですし、ストップ掛けるのも、掛けられるのもいやです。
自由でいるためには、やり切る力が必要。会社全体として、得意な能力は伸ばし続けていきつつ、自由を土台に持つプロフェッショナルであり続け、目の前の人に常に全力でありたいです。

ー 今、社内全体で取り組んでいることはありますか?

コロナ禍において、コワーキングスペース運営からオンラインイベントのライブ配信へ業態転換し、決して少なくない投資をしました。5人のリソースを使って運営したのが、「TSUKUBA CONNÉCT」です。「TSUKUBA CONNÉCT」とは、起業家、投資家、研究者など、スタートアップに関わる様々な分野の方々がつくばに集い、交流する茨城県主催のプログラムです。
つくば市やスタートアップを推進する各機関と協力・連携して、スタートアップ・エコシステムの構築を目指しています。これは、いち個人としても総まとめのつもりで取り組んでいますが、Labで培ったイベント企画運営ノウハウと人の繋がりを最大限に活かした価値共創ができていると感じています。

ー 堀下さんにとっての「挑戦すること」と「挑戦を応援すること」への想いとは。

あらゆる挑戦は等しく尊いという想いが強くあります。
この想いの源泉は、挑戦の粒度や規模感は人それぞれであるにも関わらず、大小だけで判断し、笑うという世の中への憤り。僕は会社を通して、生き方はもっと自由だと伝えたいんです。答えがないものなんだから、好きにしていい、自由でいいはずなんです。しびっくぱわーでは、「まちと仕事のRE:Design」として、人づくり・まちづくりを一人一人に寄り添って進めています。まずはうちの社員から課題フリーとなればいい。誰がいつ、どこで、何をやるのかで縛りたくないんですよね。そんな想いを、仕事を通じて発信して、一緒に挑戦したい人が集まっていったら、未来が楽しくなると思いませんか。

Yuji
Koizumi

2019年7月入社

1991年9月生まれ
埼玉県狭山市出身
好きなこと:
世界遺産とお城と
寺社仏閣を巡ること

「はたらくをもっと自由に」を実現させたい

ー 入社までの経緯を教えてください。

前職は公務員で、自治体のコワーキングスペースに関わる仕事をしていました。
人事異動で自分がコワーキングの担当から外れることが分かった時、いわゆる会社の人事制度では、自分で自分のキャリアを作るってかなり難しいなと痛感しました。
自分で自分のキャリアを作る、ということは、就職時から考えていたわけではないのですが、コワーキングスペースでの仕事を通して社会課題に対して向き合い、戦い続けている人の姿を見ていて「自分はどう生きたいんだろう」「自分は何ができるんだろう」って考えたんですよね。その1個のゴールとして「30歳までにやりたいこと」として、やれること、できることを決める。そのためには自分のキャリアをどう作っていくかと考えたという感じです。
そうして、公務員を辞めようと決めて、以前コワーキングススペースのイベントで出会ったことのある堀下さん(現代表)に「僕、仕事を辞めます」って言ったら「じゃあ、うちにおいでよ」と(笑)。そこから何度かつくば市内で呑みながら色々話して、入社を決めました。

ー これまでで印象的だった仕事はありますか?

そうですね。3つあります。
1つ目は、茨城県の地域おこし協力隊による、地域おこし協力隊のため、そして、茨城県の全ての地域のための祭典「地域おこし協力隊EXPOinいばらき」(2021年3月6日にYouTubeでライブ配信)です。最初の企画から、最後のLab(Tsukuba Place Lab)からの配信まで一緒に伴走しながら協力隊メンバーの作りたいものを作り上げることができたのは本当に良い経験でした。

2つ目は、「AMAZING FUKUSHI FESTA」という、金沢で開催している福祉イベントです。当初は、イベント用のHPページを作って欲しいという依頼からのスタートだったんですが、そこから自分が担当していた茨城で開催している福祉プロジェクト「いばふく」に興味を持ってくださって、CF(クラウドファンディング)の企画から当日のファシリテートも担当することになりました。その後、もう一度連絡があって、団体のHPを作成することとなり、人との縁がつながっていくのだと実感しました。
3つ目は茨城から福祉で世界を元気にするプロジェクト「いばふく」です。「いばふく」は、前職の時にボランティアで関わり始めたんですが、転職しても「自分」という「人」に付随していて、今は仕事として成り立っています。会社以外にも居場所があり、そんな関係性が続いていることが嬉しいです。

ー しびっくぱわーの中で小泉さんが成し遂げたいことはありますか?

弊社では4月から社員が5人と、メンバーが増えていくところなので、みんなで楽しく働ける環境づくりはしていきたいですね。そこには、「30歳までにやりたいこと」というような線引きはありません。弊社は、社長の堀下さん自ら育休2カ月を取得した例もあって、男性スタッフは、「子どもができたら育休は絶対に取れ!」と言われているくらいです(笑)。少人数の会社でも、家族を大事にできる人は、社員である僕らも大事にしてくれていると感じています。会社としての成長スピードで言えば、僕は1〜2年後には社員数が10人くらいにはなってくるだろうと予想していて、どんな人が増えていっても、スムーズに会社にジョインできる環境をしっかりと作りたいですね。個人として掲げている「はたらくをもっと自由に」も、会社を通して実現させていきたいです。

Haruka
Nakai

2021年4月入社

1999年2月生まれ
東京都町田市出身
好きなスポーツ:
バスケットボール、バレーボール、野球

ここまで人を大事にする会社って他にない

ー 入社までの経緯を教えてください。

大学では、体育専門学群に所属していました。高校・大学と、アルバイトをしたことがなかったので、4年次で引退してからバイトをしたいと思っていました。そんな時、知人から紹介されてTsukuba Place Lab(コワーキングプレイス)を知り、最初はバイト感覚でインターンを始めました。
もともと、私は子どもが好きで、自分の母のような専業主婦になって幸せな家庭を築きたいという思いがあって。それから就職活動でも、みんな同じ髪型に服装という流れに違和感があって、「思っていないことを口にしてまで就職しなくてもいいや」「ニートにでもなんにでもなろう」と思っていました。
実はインターンが始まってからも、専業主婦になりたいと思っていたんですが、堀下さんや小泉さんの仕事のサポートや会話を重ねる中で「これから先、自分が何をしたいか」を考えるようになりました。自分ありきで、会社を作っていく面白さを感じてそのまま入社を決めました。

ー 社内ではどのような業務を担当していますか?

現在、SNSやnoteなどのウェブ記事執筆などを担当しています。基本的にやりたいことを楽しくやっていますが、ほかのスタッフのサポートが多いです。他には、イベント企画や運営などにも携わっていますね。これからもやりたいことに挑戦していきます。

ー 中井さんにとって、しびっくぱわーはどんな会社ですか?

一般社会に適合しない人を回収している会社です(笑)。
社員はもちろん、家族や関わる全ての人を大切にしてくれる会社で、誰1人取り残さないようにしてくれていると思います。社会経験の少ない私が何を発しても否定せず、「やってみようよ」と応援してくれる。その積み重ねが貴重な経験になっていて、私がずっと大事にしたい弊社のカルチャーです。他の会社を知らない私が言うのも変かもしれませんが、ここまで人を大事にする会社って他にないのではないでしょうか?そんな会社だからこそ、弊社のメンバー誰もが、関わる人を大事にできる自信もあります。
それぞれが描く未来を叶えるために、どこよりも柔軟に活躍できる。そんな会社です。

ー そんなしびっくぱわーで、中井さんはどんな存在でありたいですか?

オンとオフの話で言えば、私は「誰と」どんな時間を過ごすのかを大事にしていて、会社含めて「人」と関わるところは常にオンでありたいと思っています。
母からの教えでもあるのですが、「常に前向きであろう」という意識があって、人といる時は嫌なことを忘れてポジティブにいようと思っています。やっぱり、明るい方が気持ちいいじゃないですか。常に「どうしたら良いか」を考える習慣を持って、一人一人の良さであるとか価値を見つけて、プラスアルファの新しい価値を付けていくような、私でしかできないことをやっていきたいですね。

Ryotaro
Kawahara

2021年4月入社

1997年2月生まれ
茨城県常総市出身
キーワード:
「イベント企画×組織運営」
「街づくり×防災」
「クリエイター×地域」

クオリティの高い黒子でありたい

ー 大学に在籍しながら就職されたということで、経緯などを教えてください。

筑波大学に編入する前から利用者としてLab(コワーキングスペース)に足を運ぶようになりました。堀下さんや、その頃のスタッフの人たちと交流するうちに、イベントスタッフとしてカメラマンを務めるようになったんです。2018年8月からLabスタッフを務めはじめ、もう2年以上関わっていることになりますね。2020年7月に個人事業主となりましたが、2021年4月から社員として所属することになりました。
僕は、震災をきっかけにまちづくりやコミュニティに興味を持つようになりました。大学生活ではこれまでに学食をリニューアルしたり、街なかの飲み歩きイベントを企画したりしたほか、地元常総市の水害の聞き書き調査、学園祭の実行委員、インターンの運営、よさこいソーランのサークルを立ち上げるなどの活動がありました。
僕は茨城が好きで、ずっと茨城にいたいという思いもあって、やりたいこととやれることのトライ&エラーができるしびっくぱわーに入社を決めました。

ー 入社したばかりでも関わりの深い川原さんですが、どんな業務をしていて、どんな役割でしょうか?

しびっくぱわーでは、コロナ禍で、これまでのコワーキングスペースの運営だけでなく、密を生まない、イベントのオンライン化にも取り組んでいます。映像と企画を組み合わせた、これからのイベントスタイルを作り上げたいと日々取り組んでいます。役割としては企画の他にもカメラマンや配信責任者など技術面での立ち位置が多いかもしれません。

今、しびっくぱわーの5人はそれぞれ堀下さんが持っていないスキルを持った人材が揃っているんですよね。とはいえ、会社が大きくなるにつれて、堀下さんの持つスキルを持つ人材が必要となることは明確です。うちの会社は小泉さんが守りで、ほかの4人が割と攻めのスタイル。
堀下さんのコピーになるつもりはありませんが、いずれ二本柱として支えられるような役割を担いたいと思っています。ほかのメンバーが、僕のイメージカラーとして黒を挙げるように、僕がつくるのは何かの素材が多いのでクオリティの高い黒子でありたい。当人が余計なことを気にせずに、より輝くことややりたいこと、見せたいものを見せるための影の立役者として、1人ではなし得ないことを1.5倍、2倍にする人になりたいですね。

ー これから実現したいことやありたい10年後の姿はありますか?

黒子でありならがら、一方でプレーヤーであり続けたいという思いもあります。誰も追いつけないところにいたいんですよね。今後は、個人のスキルを多重に掛け合わせて、能力の獲得、実践、エラー、再獲得というスパンを個人としても、集団としても実行できるように、いろいろな能力を複合的に噛み合わせていきたいですね。
また、コロナが終わってもオンラインの波とオフラインを溶け込ませ、オフラインの価値を下げずに、オンラインの価値を上げるということにも注力していきたいと思っています。
10年後は34歳。自分が失敗させてもらったように、チャレンジしてもがいている大学生に対して、機会提供し一緒に楽しめる存在になっていきたいです。