News

お知らせ

【report #43】Business Challenge Program vol.3,4

Business Challenge Program vol.3,4 開催!!

6/11(土)は13:00からの『Business Challenge Program vol.3-新規事業を作るにあたっての経営学と人材活用-』と、16:00からの『Business Challenge Program vol.4-テクノロジー活用による事業創出-』の2本立てでお届けしました!!

 

『Business Challenge Program vol.3-新規事業を作るにあたっての経営学と人材活用-』と題して、社会保険労務士法人 葵経営 皆川 雅彦さん株式会社えぽっく 若松 佑樹さんをお招きしました!

皆川さんからは、経営の基本的な考え方について、ホワイトボードを使って参加者との対話をしながら、お話しいただきました。新規事業を立ち上げるにあたっては、想いや熱量だけではなく、経営を組み立てるというロジカルな部分が大事になり、その中でも “目的” を明確に定めることの重要性について学ぶことができました!

若松さんからは、副業や兼業のコーディネートを行ってきた経験から、副業の現状と活用事例、実際に活用する際のポイントについてお話しいただきました。副業人材を活用する最も重要なポイントは「コミュニケーション」だと若松さんは話します。結局、人材採用は人と人。特に副業は遠隔でのやりとりであったり業務頻度が低かったりするからこそ、丁寧なコミュニケーションが必要になるということを学ぶことができました!

会場にもオンラインにも、経営手法や人材活用について学びたいという方々が集まってくださり、QAの時間には多くの質問が飛び交いました。交流会では、vol.4が始まるギリギリの時間まで話が尽きず、新たな出会いがたくさん生まれていました!

 

『Business Challenge Program vol.4-テクノロジー活用による事業創出-』と題して、株式会社アプリシエイト 和田 幸哉さんサイボウズ株式会社 勝沢 賢一さんをお招きしました!

勝沢さんからは、情報共有の必要性やそこから生まれる価値創造についてお話しいただきました。勝沢さん自身がぶつかった課題とそれを解決した経験をもとに、チームで動くにあたって重要になってくる情報共有を、テクノロジーを活用することによって効率化していくことが、結果的にチーム全体で創造できる価値を大きくするということをわかりやすくお話しいただきました!

和田さんからは、実際に事業開発をするにあたっての軸や手法についてお話しいただきました。株式会社アプリシエイトにおける具体的な事例をもとに、どのようにして新規事業を開発していくのか、立ち上げた新規事業を会社全体として育てていくためには何が必要なのか、についてお話しいただきました!

QAでは「新規事業を開発するときとした後に出てくるであろう課題に対して、実際にどのように解決してきたのか?」や「実際にチームで動く際に大事になってくることは何なのか?」について質問があり、実際に行っている手法をもとに考え方や仕組みをお話しいただきました!交流会ではリアルな相談などもありました!!

 

県北BCPのセミナーを通じて、1人でも多くの方が次の一歩を踏み出し、新しいアクションを起こすきっかけになってくれたらいいなと思っています!アイデアソンにも、積極的なご参加お待ちしております!!

株式会社しびっくぱわー 中井 遥